すすきのデリヘルなど風俗店にある誕生日割引などの特別サービス

系列のデリヘル店に在籍するメリット

現在日本各地の風俗店の中には「●●グループ」など数店舗所有しているところも存在する。その種類は様々でいくつかのパターンがあり、グループの展開方法は下記2パターンを中心にいくつかあるようだ。

(1)同じ地域にしか存在しない

東京の新宿・渋谷・池袋、大阪の梅田・難波などかなり多くの風俗店が軒を連ねる地域に数店存在するというもの。ソープのメッカである吉原には数店舗所有しているグループがあり、その系列店は隣接して存在していることが多いようだ。

(2)全国的に店舗がある

中心となるお店が東京など首都圏の繁華街に存在し、同じグループのお店が大阪・名古屋・博多など全国各地にあるというもの。高級デリヘルなど高級店を運営している大規模グループの中にはこのような展開をしているところも少なくない。

それとともにグループ店舗自体のお店のスタイルもいくつかある。

①同じようなタイプの女の子が集まっている

中心としているお店と同じような女の子を集め、同じくらいの価格設定・システムで営業しているグループ。これは全国展開している高級デリヘルなどのデリヘル店に多いようだ。また繁盛店が一店舗ではお客をまわしきれない・さらなる拡大を狙いたいなどの理由で、同地域・近隣地域などに2号店・3号店のような店舗を展開するパターンもある。

②違うタイプのお店を作る

いくつかの系列店を運営しているグループの中には、同じタイプのお店を運営している訳ではなくそれぞれ独立した個性を持ったお店を出しているケースもある。例えば本店は容姿重視でそれ以外には人妻・ロリ・若い女の子などタイプの違う女の子が集まっているお店を運営している。そのことによって幅広いニーズに対応できるようになるようだ。

そして女の子がこのようなグループ店に在籍することのメリットは、そこに所属することで長く働くことができるということ。それは幅広いタイプの女の子のいる専門店があるため、ひとつのお店で人気が出なくても自分の状況にあった他店舗に移籍して人気を得られる可能性がある。例えば年数を重ね若い女の子の専門店では通用しなくなったため、熟女専門店に移籍するというようなことだ。また今のお店であまり指名をもらえなくなった際に、他地域のお店に移籍して心機一転頑張るということもできる。それにその日在籍しているお店ではあまりお客が来ずに稼ぐことができなくても、近くにあるグループ店にそのお店の女の子では足りないくらいのお客がきた場合そちらのヘルプをすることもある。グループによって形式は異なるが、稼げない状況でも稼げるためのシステムがあるということが女の子にとって良いと言えることではないだろうか。